印象を左右するお口のトラブル。清潔に保つためのオーラルケア商品11選

2843

あなたが気にしている外見のポイントと実際に見られているポイントとは差があることをご存じでしたか?そのひとつに、歯があります。口臭や歯の綺麗さはあなたが思っている以上に印象を左右するものなのです。

そこで今回は、そんなオーラルケアに最適な商品の11をピックアップ!是非参考にしてみてください。

電動歯ブラシで迷ったらコレ!フィリップス『Diamond Clean』

普通の歯磨きよりも大幅に歯垢を除去する能力に優れているとして大人気の電動ハブラシ。わかってはいるけど、まだ持っていない、という人で迷っているのであれば、是非この『Diamond Clean』をオススメします。あなたの腕の筋肉を消費することなく素早く、そして徹底的に歯垢を除去してくれるでしょう。

gigamen_11_Oral_care_Products01

自宅で白く!ホワイトニングキット

もしもあなたの歯の黄ばみが頑固で、歯磨きだけでは除去できそうもなく、かといって歯医者に通う時間もないという人にはオススメしたい自宅でホワイトニングができるキット『レンブラント2時間ホワイトニングキット』です。

こちらは海外の商品のため日本での購入・使用の可否は不明ですが、同じような自宅で行える国産の製品も多く出回っているので、そちらで試しても良さそうです。

gigamen_11_Oral_care_Products02

唇のケアは女性だけのものじゃない!リップクリームで保護しよう

オーラルケア、と聞いてまさか唇のことも含まれるとは思いもしなかったかも知れませんが、口角がひび割れたり唇の皮がむけているのは見た目にも良いとは言えず、また当然のように痛いもの。

さらにその部分をなめてしまうことで余計に悪化させてしまうことが多いものですが、リップクリームを常に塗る習慣をつければそんな事態も免れるでしょう。

gigamen_11_Oral_care_Products03

電動ハブラシには速すぎてついていけない手動派には「やわらかめ」が絶対オススメ!

電動ハブラシを買う予定の無いあなたには、絶対「やわらかめ」のハブラシを選ぶことをオススメします!

歯磨きは虫歯や口臭を防ぐ以外に歯周病という現代人に多い厄介なものを防ぐためでもあるため、歯と歯茎の間や届きにくい奥歯の隙間なども丹念に磨く必要があり、そのためにはやわらかい毛先のハブラシのほうが柔軟に行き届くといえるからです。舌の掃除も忘れずに!

gigamen_11_Oral_care_Products04

歯肉炎や歯茎が既に痛んでいるあなたに『Crest Sensi-Stop Strips』

既に歯茎になんらかのトラブルを抱えている人にとっては、アイスクリームを食べることどころか歯磨きすらも苦痛に感じることでしょう。この『Crest Sensi-Stop Strips』は、そんな敏感な歯茎を守るプロテクトシール。

なんと1枚でおよそ1か月もの間ガードしてくれるというから経済的でもあります。もっとも、あくまで応急処置なためひどい場合は病院で治療してもらうべきですが。

gigamen_11_Oral_care_Products05

消しゴムみたいに汚れをなかったことに?『Whitening Maintenance Pen』

毎日の歯磨きとセットして使いたい、画期的な商品、それがこの『Whitening Maintenance Pen』です。汚れの除去に効果的なのは、汚れが着いてからの時間に関係しているそうで、朝のコーヒーから夜のワインまで、すぐにエナメル質に吸収されてしまうそう。

そんな汚れが着色してしまう前に除去するには、職場の引き出しやカバンの中にでも入れておきたいのがこのペンです。

gigamen_11_Oral_care_Products06

仕上げにフロスを欠かさないで!持ち運びにも便利なコンパクトタイプを選ぼう

欧米では当たり前の習慣となっていますが、日本人にはなじみの薄いデンタルフロス。糸ようじとも呼ばれていますが、これをやるとやらないとではかなり除去率に違いがでること、ご存じでしたか?どうせなら旅先や出張先でも使えるようなコンパクトで持ち運びに便利なものをチョイスするのがベストです。

gigamen_11_Oral_care_Products07

突然できるあのイヤなやつ!ヘルペス用クリーム『Carmex Cold Sore Treatment

経験したことがある人にしかわからない、あの厄介なヤツ――そう、ヘルペスです。過度なストレスなども原因となるこちらも、自宅での塗り薬による治療が可能。もし発症してしまっても小さなものを常に持ち歩いて、できる限り早期の治療を目指しましょう。

gigamen_11_Oral_care_Products08

ホワイトニング歯磨き粉で徹底的な白さを目指そう!『Power White Deep Stain Eraser

綺麗な白い歯を保つには、やっぱり避けて通れないのは毎日の歯磨き。そこで使用する歯磨き粉にも強力なホワイトニング作用なものをチョイスして、憧れの真っ白な歯を目指しましょう。歯垢を除去する作用のある過酸化物、フッ素などを含んだものであれば更に効果的です。

gigamen_11_Oral_care_Products09

ガムを噛んでいる時でさえ白さを意識!『Supersmile Profesional Whitening Gum

単にシュガーレスであることだけでなく、汚れや歯垢を溜め込む薄い層に働きかけ、含有する成分によってホワイトニングしてくれるといった画期的なアイテムです。ただ、会議やプレゼンテーションの前に吐き出すことは忘れずに。

gigamen_11_Oral_care_Products10

最後の仕上げはマウスウォッシュで!『White Mouth Wash Lasting Colgate Total

入念に歯を磨き、フロスでもれなく歯垢を落としたあと、最後にすべきこと――それはマウスウォッシュ!うがい薬でもあるこちらは、細菌と戦い、エナメル質を強化させ、汚れの付着も防ぐ最強の1本。しかもアルコールフリーなのであのイヤ~なヒリヒリ感や直後の乾燥も回避することができます。

gigamen_11_Oral_care_Products11
いかがでしたか?クサい息よりも爽やかな息、黄ばんだ歯よりも真っ白な歯のほうがいいことは明確であり、それらのお口の状態は本当にあなたの印象を左右してしまいます。面倒でも正しいオーラルケアを心がけ、清潔な印象と美しい口内環境をゲットしましょう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ