マンCと一悶着?の英国アパレルブランドSuperdryとは

515
29.99ポンド(約5800円)詳細ページ

英国のサッカークラブ、マンチェスター・シティ(マンC)のトレーニングウェアに「SUPER “DRY”」が入っていることが予期せぬ形で注目され、日本のコアなサッカーファンの間で認知された英国のアパレルブランド「Superdry」。いったいどんな服を販売しているのでしょうか。

50カ国近くで実店舗を展開…日本では?

今年1月、時事通信社が「アサヒビールとロゴ酷似? 人気アパレルがマンC提訴―英」という記事を配信しました。アパレルブランド「スーパードライ(Superdry)」が「アサヒスーパードライ」のロゴをトレーニングウェアに入れているマンCを訴えたということです。

2003年誕生のSuperdryは現在、50カ国近くで実店舗を展開しています。東アジアでは香港やマカオにも実店舗が存在します。気になるのは、「スーパードライ」=ビールのイメージが強い日本にアパレルブランドの実店舗があるかどうかですが、偶然か必然か、一店舗もありません。

不思議な日本語、地名…クールに見える?

Superdry公式サイトのベストセラーにも入荷したばかりの商品一覧にも「SuperDry®」のロゴ入りパーカーがあります。筆者的にはロゴのフォントが「アサヒスーパードライ」とは似ても似つかないこと、ビンテージ風の服にプリントされている「極度乾燥しなさい」の文字が気になります。

Superdry.comをネットサーフィンすれば、ロゴのフォントが多種多様なこと、日本を意識したデザインの服がちらほら目に付きます。「OSAKA」「6」「会員証な」とプリントされたTシャツ、外国人の目にはどう映るのか気になるところ。How cool you are!などと言われるのでしょうか。

<参考元>superdry

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ