米で人気!スマホアクセサリ10種の後釜を一手に担える「Stance+」

1306
42ドル(約6100円)~詳細ページ

米国発、スマホスタンド、グリップ、ホルダーなどになる10-in-1スマホアクセサリ「Stance+」の先行販売プロジェクトが11月、3750人から22.6万ドル(約3290万円)を集め、成立しました。

寝ながら動画鑑賞、撮影用グリップにもなる

カード型の「Stance+」はMagSafe対応で、スマホの裏面に貼って使用します(MagSafe非対応スマホに10-in-1スマホアクセサリがくっつくようになるメタルリングが付属)。最も基本的な使い方は、アームを伸ばしてベースを平らな場所に置き、スマホスタンドにすることです。

アームとベースをスマホからはみ出ないように曲げると、スマホグリップになり、寝ながらの動画鑑賞を容易にします。アームとベースを横に展開にして曲げると、動きながらの撮影を安定させるサイドグリップとして使えます。アームとベースを完全に展開すると自撮り棒的グリップに。

車載ホルダー、金属面のホルダー化も可

「Stance+」は様々なスマホホルダーにもなります。バックパネル上半分を曲げると車のCDスロット、下半分を曲げるとエアコン吹き出し口に固定できます。ベースをフックにして飛行機の座席テーブルに引っ掛ける、ベースとアームを細かく曲げるとポール状の物体に巻き付けることも可。

10-in-1スマホアクセサリのバックパネルは強力磁石4個を内蔵しているので、金属面をスマホホルダーにすることもできます。シール付きメタルプレート(付属品、再利用可能)と併用し、スマホをノートPC画面のすぐ横に固定することも可能です。

日本からも100人が支援した「Stance+」。日本のクラファンへの進出、日本での一般販売開始に期待したいところです。

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ