アメリカン航空、NYと米北東部・カナダ6地点結ぶ路線を開設へ 来夏

1255

米国のアメリカン航空は2024年6月、ニューヨークのラガーディア空港と米北東部メイン州バンゴー、ポートランド、マサチューセッツ州ハイアニス、マーサズ・ヴィニヤード島、ナンタケット島、カナダ東部ノバスコシア州ハリファックスを結ぶ6路線を開設します。

メイン州ポートランド線以外は季節運航

バンゴーとポートランドは「バケーションランド」と呼ばれ、ハイキング、セーリング、カヌー、釣りなどのアクティビティが盛んなメイン州の都市です。バンゴー線は1日1往復の季節運航路線、ポートランド線は1日2往復の通年運航路線となります。

マーサズ・ヴィニヤード島とナンタケット島は北大西洋西端に浮かぶ島で、美しいビーチが点在しています。夏休みをのんびりした場所で過ごしたい人にはうってつけです。ラガーディアから約1時間、季節運航となる両路線は他社と競合しており、旅行者の選択の幅は広がります。

NYからハリファックスまでは約2時間

アメリカン航空はラガーディアとマサチューセッツ州東端のリゾートエリア「ケープコッド」の中心地ハイアニス、レーガン・ナショナルとハイアニスを結ぶ直行便の季節運航もスタートさせます。ハイアニスとマーサズ・ヴィニヤード島、ナンタケット島間はフェリーでの移動が可能です。

ラガーディアと北大西洋に面するハリファックスを結ぶ直行便は6月5日から10月6日まで毎日運航されます。フライト時間は約2時間で、NYから語学留学先として人気がある都市へひとっ飛びしたい人の選択肢が増えます。運航機材は6路線ともにエンブラエルE175です。

https://news.aa.com/news/news-details/2023/American-Airlines-adds-more-ways-to-escape-to-the-Cape-and-coves-of-New-England-in-2024-NET-RTS-10/default.aspx

この記事をシェア
0 0
記事のタグ