ブルガリアのスーパーカーSIN 、ふたつの顔を持つスポーツカーを発表。

975
手前「SIN R1・550」、奥が「SIN S1」
未定 詳細なし
手前SIN R1550」、奥が「SIN S1」

ブルガリアに本拠を置くSIN CARSが、ジュネーブモーターショー2018において、新型スポーツカーの「SIN S1」と「SIN R1・550」を発表しました。ブルガリア発のスーポーツカーとはどんな車なのでしょうか?

ふたつの顔を持つスポーツカー

「SIN S1」は、3種類のパワートレーンが選択できるのが特徴であり、ガソリンエンジンは、最大出力310hpを発生するフォード製の2.3L直列4気筒エコブースト」、また最大出力365hpの3.5Lの自然吸気エンジンも選べます。そして、EVが選択可能となっています。

さらに、「SIN R1・550」は、プラグインハイブリッドパワートレーンを採用し、エンジンは、自然吸気の6.2LV型8気筒ガソリンとなり、最大出力は450hp、最大トルクは65kgmとなっています。そして、最大出力120hp、最大トルク24kgmのモーターを組み合わせ、PHVシステム全体で570hpのパワーと、88.9kgmのトルクを発生します。それにより、「SIN R1・550」は、0~100km/h加速が3.5秒、最高速が300km/h以上というパフォーマンスを実現しました。

また、1種類のシャシーを基本に、モジュラーデザインにより、異なるボディデザインや異なるインテリアを自由に組み合わせることが可能で、カブリオレとクーペが設定されています。

参照元:

この記事をシェア
0 0
記事のタグ