ル・マンを制したポルシェ919がNYを激走!

4353
未定 詳細なし

2017年限りでWECから撤退したポルシェは、「919ハイブリッド」の実力を証明するべく、「919トリビュートツアー」と名付けられたイベントで欧米を巡っていますが、 ニューヨークでは、このトリビュートツアーの一環として、「919ハイブリッドLMP1」が米ニューヨークの公道を走行するイベントが開催されました。

スパでは、昨年のF1の予選タイムを上回る

また、「ポルシェ919ハイブリッドEvo」は、スパ・フランコルシャンでタイムアタックし、昨年のF1の予選タイムを上回る速さを証明し、昨年のF1の予選タイムである、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1によって記録されたタイムを0.783秒短縮しました。

レギュレーションに縛られるなかでも、ポルシェは2015年~2017年に「ポルシェ919ハイブリッド」により、3年連続でル・マン24時間レースに優勝し、FIA世界耐久選手権(WEC)のマニュファクチュアラーズタイトルとドライバーズタイトルの両方を獲得する活躍を見せました。

しかし、「もし制限に縛られなかったとしたら、ポルシェ919ハイブリッドのポテンシャルはどれくらいなのか」という疑問に答えるために今回のチャレンジが行われました。

この「ポルシェ919ハイブリッドEvo」は、2018年のWECに向けて準備されながら、2017年末に撤退が決まったため、レースでは試されなかった「919ハイブリッド」に、さらに、エアロダイナミクスに関して複数の変更点が加えられたマシンで,トータル1,160を発生するレコードカーでした。

今後のツアースケジュール

・5月12日:ニュルブルクリンク24時間におけるデモラップ
・7月12〜15日 :ブランズハッチのグッドウッド・スピードフェスティバル
・9月2日 :ポルシェフェスティバル
/9月26〜29日 :ラグナ・セカ・ポルシェ レンシュポルト・リユニオン

参照元:mortor1

この記事をシェア
0 0
記事のタグ