【映像あり!】スウェーデンの新興企業が考案した全電気自立伐採トラック

579
未定 詳細なし

グッドウッド・フェスティバルにおいて、スウェーデンの新興企業であるEinride社が自社の全電気伐採ト  ラックである「T-ログ」を発表した。この「T-ログ」にはオフロード機能が組み込まれており、森林の道路を航行するように設計されている。まずは映像でその雄姿をごらんください。

コスト効率に優れたロギング転送を可能にする「T-ログ」

「T-ログ」は遠隔操作安全技術を使用して、何百マイルも離れた人間のオペレーターによって遠隔制御でき、運転手がいないため、車両の小型化、積載能力の向上、柔軟性の向上、生産コストの削減、運用コストの削減、エネルギー消費の最適化が可能になり、難しい環境でも「T-ログ」をバッテリーだけで使用できる。

さらに、インテリジェントなルーティングソフトウェアに接続し、リアルタイムのトラフィックデータを提供することで、「T-ログ」は経路を調整して先行する渋滞を避けることができる。また、インテリジェントなルーティングシステムによって調整され、配達時間、バッテリ寿命、エネルギー消費を最適化し、輸送が効率的になる。

温室効果ガスや有毒な窒素酸化物を排出しない「T-ログ」は、従来のディーゼル車の代わりに環境にやさしく、カメラ、ライダー、レーダーを装備し、360度の周囲を認識することが可能で、死角や死角はないとされる。

Tログ仕様

バッテリー容量:300 kWh
運搬能力:16トン
走行距離:120マイル
幅:2,552 m
高さ:3,563 m
長さ:7,338 m

http://www.einride.tech/press/

この記事をシェア
0 0
記事のタグ