いすゞコンセプトXで世界の終わりまで旅しよう!【動画有り】

1232
未定 詳細なし

いすゞは8月19日にオーストラリア・メルボルンで開催中の「ナショナル4×4アウトドアショー」において、「コンセプトX」を初公開しました。

この「コンセプトX」は、ピックアップトラックの「D-MAX」と、そのSUVバージョンの「MU-X」がベースとなっています。「D-MAX」は1トンクラスのピックアップトラックで、優れた耐久性や走破性を持つグローバルモデルです。どんなクルマなのか、動画とともにご覧ください。

・コンセプトX MU-X スペック

長さ(mm):5,000
幅(mm):2,150
高さ(mm):2,100

「D-MAX」と「MU-X」のいいとこどり+それ以上

今回、発表されたコンセプトXでは、その「D-MAX」と「MU-X」のオフロード性能をベースにして究極のオフローダーをイメージして開発されています。パワートレーンには、3.0リットル直列4気筒ターボディーゼルが採用され、6速オートマチックギアボックスと組み合わされています。

「コンセプトX」は、最低地上高が370mmになり、独立したフロントとマルチリンクのリアコイルサスペンションには、20インチのオフロードタイヤが採用されています。また、アプローチアングルが49.7度、デパーチャーアングルも37.3~38.5度となります。また、専用デザインのバンパー、ボンネットに変更されており、オレンジのヘッドライトや前後のウインチが装備されます。

「コンセプトX」 のMU-X仕様は、オーストラリアで「フォードエンデェバー」「トヨタ4ランナー」の競争相手として販売される「MU-X 」の7席高級SUVをベースにしています。基本的に「D-Max」仕様と同じ車ですが、ボディとインテリアが異なっています。

参照元:motor1

この記事をシェア
0 0
記事のタグ