アウディ、「PB18 e-tronコンセプト」をペブルビーチで世界初公開!

1187
未定 詳細なし

2018年8月23日、アウディは、米国カリフォルニア州モントレーで開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、デザイン及びテクニカルコンセプトカーを初公開した。

100%電気自動車の「Audi PB18 e-tron」は、未来の高性能スポーツカーにおける究極のビジョンを示しており、風洞実験室やサーキットを連想させる幅広くフラットなボディ形状は、電気自動車の限界を打ち破ることを運命づけられているように見える。

PB18 e-tronのPBは、ペブルビーチのPB

「Audi PB18 e-tron」には、アウディが長年にわたって勝利を積み重ねてきたルマンレーシングカーから数多くの技術が流用され、“PB18 e-tron”という名称は、このコンセプトカーが初公開される場所、Pebble Beach を示すと共に、大きな成功を収めたLMP1レーシングカー、Audi R18 e-tronの技術的なDNAを受け継いでいることを表している。

「Audi PB18 e-tron」のインテリアには、運転席とコックピットが設置されています。このコックピットは、横方向にスライドするインナーモノコックシェルに組み込まれ、1名で運転する場合、このコックピットは、レーシングカーのように、サーキット走行に最適な中央位置にモノポストとして移動させることができる。これは、制御装置との機械的な接続を必要としない、ステアリングとペダル類のバイワイヤ設計によって可能になったものだ。

最高出力は500kW、0~100km/h2秒未満!

また、「Audi PB18 e-tron」は、アルミニウム、カーボン、複合材を組み合わせることで、ボディの基本重量を抑えています。特に、革新的で比較的軽量な全固体電池のおかげで、総重量は1,550kg未満になると予想される。全長は4.53m、全幅は2m、全高はわずか1.15m。これらの寸法を見ただけで、このクルマが伝統的なスポーツカーのスタイルを備えていることが分かる。

さらに、3つの強力な電気モーターを搭載し、フロントには最大150kW、リヤには350kWの出力が供給され、もちろんquattro四輪駆動システムを搭載している。最高出力は500kWで、ブーストモードでは一時的に最大570kWのパワーを利用することが可能。また、830Nmの最大トルクとの組み合わせで、このコンセプトカーは、0~100km/hを2秒未満で加速するのだ。

参照元:Audi MediaCenter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ