史上初、1TBのSDカードがついに登場!

1011
gm-image-template
未定 詳細なし

サンディスクと言えばSDカードですが、そのサンディスクが今月発表したSDカードはなんとなんと!1TB(テラバイト)というから驚きです。筆者のノートパソコンのストレージを軽く鼻であしらっちゃうレベルの大容量です。

サンディスクを傘下に置くウェスタン・デジタル社は、テクノロジーの限界に挑み続けたいと語っていましたが、遂に1TBの世界に足を踏み入れることになりました。

20万曲の音楽、30万の画像を保存できるメガ容量

一般的に使用されている外付けハードディスクの容量が1TB~2TBなので、小さなSDカードで1TBはスゴイの一言ですね。

1TBでいったいどのくらい活躍してくれるのか、さくっとまとめてみました。

・およそ1万7,000時間の音楽ファイル

・およそ1,000時間の動画ファイル

・およそ30万枚の画像ファイル

・およそ500時間の映画

まとめてはみたものの、これだけスゴイんだぞ!とはっきりとしたイメージはやっぱり湧くわけないぐらいの大容量です。

プロ・アマのカメラマンはもちろん、4K撮影(いずれは8Kも)、そして360度撮影やVRコンテンツ撮影も一般的になってきている今、多くの人による大容量メモリーカードの需要は高いはず。

今回発表されたサンディスクの1TBのSDカードは、今のところまだプロトタイプなのですが、可能性は無限です。512GBのSDカードがおよそ300ドルなので、1TBのSDカードの価格は決して安くはないと思われますが、カメラに挿したままにしておけるとか、これ1枚ですべてのデータを保存できるとか、その値段の価値は十分にありそうです。

サンディスクは16年前に同社初の64MBのSDカードを発表したのですが、当時は64MBでも皆がおおっ!と唸ったものでした。1TB=1,000,000メガバイトなので、時代とテクノロジーの進化を感じずにはいられません。今後もいったいどんな新しいテクノロジーが誕生するのか、ますます目が離せませんね。

参照元:Por Homme

この記事をシェア
0 0
記事のタグ