忙しい方必見!!たった2つのエクササイズでクビレを作れる!?

8784
未定 詳細なし

まだまだ寒くて、厚着をしているからボディラインがわからないし、いいや!なんて気を抜いてるあなた!春、そして夏はあっという間にきますよ!

始める時期が早ければ早いほど効果は期待できるし、焦る必要もなし!でも、ジムに行く時間もないし、ジョギングするのもめんどくさい。。

なんて方々のために、今回「クビレを作る」ということに重点を置いた2つのエクササイズをご紹介します。

クビレを作ることは簡単にできる?

1. Seated Knee Drop (座った状態での膝倒し)

  1. 体操座りのように座ります。膝は90度、手は後ろで地面に付きます。(この時、胸は張って、両足はしっかりとつけます。)
  2. 両膝を右にゆっくり倒し、床から15cmの位置くらいまで倒します。
  3. 反対も同じように倒します。

ゆっくりと行うのが大事です。目安は1分ほど行います。

gigamen_Seated_Knee_Drop

2. Side Crunch (サイドクランチ)

  1. 横を向いた状態で寝ます。(この場合は左肩を下にします。右手は右耳の後ろ、左手は右側のお腹の側面に置きます。)
  2. 最初は足は伸ばして地面に置いた状態で、上半身だけ上げて2秒キープ。そしてゆっくりおろします。

大体5回から8回ほど行います。

gigamen_side_crunch_1

慣れてきたら今度はこちらにチャレンジ。

足は伸ばして地面に置いた状態で、上半身を起こすタイミングと同じに足を上げます。(できれば30cmくらい上げて上半身、右足は宙に浮かした状態で2秒キープ。)そしてゆっくりとおろします。

これも5回から8回で両方のお腹を鍛えましょう。もちろん慣れてくればもっとして頂いても結構です。間に1分休憩を入れて行うと良いです。

gigamen_side_crunch_2

クビレを作るためには、横の側筋というところを鍛えなければいけないので、このエクササイズは非常に役立ちます!実際に筆者が行ってみた感想は、地味に効いてきます。

2秒キープは意外とプルプルしてしまうので、腹筋弱ってるんだな~と改めて感じました。あとは、これくらいならテレビ見ながらCMの時なんかにもできちゃいますよね!

こういうのは即効性はないので、地道に続けていくしかありませんが、継続は力なり!まだ誰も始めていない今から始めて、スーパーボディを手に入れましょう!

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ