レゴで作られたロンドンオリンピックスタジアム

1207

7月27日に開幕した2012ロンドンオリンピック。開会式は映画監督「ダニーボイル」指揮の下、「The Isles of Wonder(驚きの島々)」と名づけられ、ローワン・アトキンソンやポール・マッカートニーなど著名人も登場し華やかに執り行われました。

ロンドンオリンピックスタジアムは、オリンピック用に建設されたスタジアムで、収容人員は8万人、「筋肉が人体を支持するのと同じ構造で、スタジアム自体が人体を表現する」と言うコンセプトの下デザインされました。

そんなロンドンオリンピックスタジアムとその周辺のロンドンオリンピック公園をWarren Elsmoreはレゴで表現し「レゴで作った2012年ロンドンオリンピック公園」として発表しました。メイン会場であるオリンピックスタジアムに加え、競輪アリーナ、水球アリーナ、バスケットアリーナなどが完全再現されています。

見事なまでに精巧なこの作品は、世界から高い評価を受けています。ロンドンに行けない全世界のスポーツファンはレゴで作った2012年ロンドンオリンピック公園を見ることで、雰囲気だけでも感じるとる事ができるのです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ