最強の野生馬!究極のフォード・マスタング登場!

2263

フォードを代表する車であり、看板車である「野生馬マスタング(Mustang)」。その最新車である「Shelby 1000s/c (シェルビー1000s/c)」は47年の歴史を誇るマスタング史上最強の性能を持つ究極のマスタングに仕上がった。

漆黒のボディはアメ車らしい、そして実にマスタングらしい仕上がりだ。V8エンジンを搭載し、これまでのエンジンをさらにパワーアップさせた。その結果1200psまで高められ、爆発的な走りを実現する。この数字は47年の歴史を誇るマスタングの中でもトップレベルの数字だ。つまり野生馬の中でも、究極の野生馬なのである。フォードでは「世界で最もパワフルな公道走行車」と発表している。

Shelby 1000s/c (シェルビー1000s/c)は3月末に開催されたニューヨークモーターショーで公開され、人々の目を奪っている。市販はもう少し先の予定だが、究極の野生馬を扱うにはそれなりの技術と資金が必要となりそうだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ