BMW新型「X5」 米国でリコール

1455
未定 詳細なし

ドイツの有名自動車メーカーBMWが生産・販売している新型車両「X5」に不具合が発生し、アメリカ運輸安全道路交通安全局がBMWオブノースアメリカからリコールの届出を受けたと5月20日に発表した。 

リコールの内容は、BMWオブノースアメリカの新型「X5」のオプション設備にあたる「ソフト・クローズ・オートマチック」という箇所が原因との事。具体的に果たしてどのような不具合が起きるのか?

ソフト・クローズ・オートマチックの不具合とは後部ドアにでるらしく、チャイルドロックを掛けた状態で室内のドアハンドルを引くとチャイルドロックが解除される可能性があるという。

gigamen_2014_BMW_X5_recalled_over_faulty_child_safety_locks01

米国販売6400台がリコール対象

米国でリコールの対象となるのは、2013年12月の中旬から2014年3月の間に、生産した約6400台が対象との事。BMWオブノースアメリカは対象車両「X5」所有者にコンタクトを取り、販売店に点検修理を行い、ソフト・クローズ・オートマチックの対象箇所を交換する作業を実施予定。

gigamen_2014_BMW_X5_recalled_over_faulty_child_safety_locks02

 

参照元:Autoblog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ