世界一美しいバイクメーカーから放たれた美しきモンスター

3581

2011年に開催されたミラノ国際モーターサイクルショーで、1万3000人を超える来場者による人気投票で見事「世界一美しいバイク」に選出されたのが、ドゥカティのパニガーレ1199であった。その美しさは自動車のフェラーリになぞらえ、「オートバイのフェラーリ」とも称されている。真っ赤なボディが美しいパニガーレ1199は、バイクを愛する者にとっては憧れのバイクなのである。

2014年、パニガーレ1199が「モンスター」に変身を遂げ再登場した。その名も「Monster 1200 (モンスター1200)」である。Monster 1200は超ハイパワーエンジンとエグゾーストシステムと呼ばれるスーパーカーに搭載されるシステムを搭載している。その結果最大トルクが8750rpmとモンスターの名に恥じぬ超強力なパワーを発揮する。そしてボディは美しさと共に、人間工学に基づいた「乗り心地の良さ」も追求されている。人間にとってモンスターなわけではないのだ。

Monster 1200は2013年に開催されたミラノ国際モーターサイクルショーで、「世界一美しいバイク」に選出されている。やはりドゥカティが世に送り出すバイクは「世界一美しいバイク」と言う事なのであろう。販売は2014年の予定だ。Monster 1200があらわれた!どうする?コマンド?

この記事をシェア
0 0
記事のタグ