ホンダ「アキュラ」、新型の「NSX」の市販モデルを初公開。

4822
未定 詳細なし

1月 12日に米国はデトロイトで開幕した「2015北米国際自動車ショー(デトロイト・オート・ショー)」において、 ホンダが北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」が新型「NSX」の市販モデルを公開したことを、米国版「auto blog」が映像とともに伝えた。

gigamen_2016_Acura_NSX01

プロジェクトリーダーいわく、”空気がダンスをする”?

新型NSXは3年前に同じデトロイトで発表されたコンセプトカーに比べると、基本的なデザインに変わりはないが、ボディ・サイズはコンセプトモデルよりやや大型化し、そのエクステリアデザインを、エクステリア・デザイン・プロジェクト・リーダーのミッシェル・クリステンセン氏は「空気がクルマの周りでダンスをする」と表現している。

gigamen_2016_Acura_NSX02

今度の「NSX」は、V6エンジンと3モーターのハイブリッドと軽量な複合素材ボディ構造を採用

パワーユニットには、V型6気筒直噴エンジンにツインターボを装着して縦方向に搭載され、ドライサンプ式を採用し重心を下げている。これにパドルシフト付き9速DCTが組み合わされ、後輪を駆動する。さらに、車体はアルミニウムとカーボンファイバーの複合素材を採用し、大幅な軽量化が可能になった。

“Super-Handling All-Wheel Drive(SH-AWD)”と呼ばれる3モーターのハイブリッド・システムを採用し、4輪を駆動制御する。スペックは明らかではないが、システム合計の最高出力は「550馬力以上」だそうだ。

新型NSXは、米オハイオ州に新設された「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で、熟練した従業員によって秋には生産が立ち上がり、最初の納車は今年後半になる予定だだ。価格は15万ドル(1,800万円)台となる。

参照元:Autoblog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ