Eコマースの“おもてなし”! O2Oはチャットが主流になり、つながらないコールセンターも即解決かっ!?

1300
未定 詳細なし

今回は、2016年にEコマースの分野でメッチャ流行るかもしれないフレーズ「会話型コマース」について考察していきます。

誰かと繋がっているというアナログ的ヒューマンタッチは、これから加速するデジタル化社会の進化とも言えるでしょうね。

チャットで接客が当たり前になるのかっ!?

まず、かしこまった従来のメール形式よりもメッセンジャー型画面の方が、気軽に文章をやりとりできて結構ありがたいですよね。

現に、チャット問い合わせにおけるCVRが断トツにイイ感じですし、検索がインタラクティブになればより早くて便利になっていくと思われます。

なお、デザイン面においても会話型コマースに合わせて脱UI思考が浮上しており、ITに疎いシニア層でも簡単なテンプレートを数回クリックするだけで発音や応対スピードの違和感を突破らったECサイトを気軽に活用し易くなるでしょうね。

もし仮に、支払を全てデジタルウォレットに集約してUI上でのナビゲーションがクローズドにパーソナライズ化されたら、より高精度なマッチング情報をワンコマンドで教えてもらえる様になるかもしれませんよ。

果たして、今まではアプリを立ち上げたらまず何を買おうか迷っていましたが、今後は誰から買おうか迷う時代にネットもシフトしていくのでしょうか。

参照元:THE BRIDGE

この記事をシェア
0 0
記事のタグ