このUSBメモリーは、あなたの書斎を蔵書3000冊超の図書館にします

1144

日々の激務に追われるビジネスマンにとって、自らの書斎で心を静かにする時間が必要である。翌日のスケジュール確認や昨日のプレゼンの改善点などばかり考えていたのでは、新しいアイデアは生まれてこない。新しい発想、着想は一度頭を空っぽにすることから生まれる。空白の時間はこれまで詰め込んだ情報を整理整頓してくれる。

ところで、頭を空っぽにする方法としては、瞑想など文字どおりの方法もあるだろう。一方で、私は読書も頭を空っぽにしてくれる方法だと考えている。ビジネス書ではなく、純文学できれば古典を丁寧に読んでいくことは、頭と心を空っぽにしてくれる。特に海外の小説を原文で読むのがことのほか好きである。手元に英和辞典や英英辞典を置いてゆっくりと読む。

そんなときに是非お勧めしたいのが、「3000 Classic Books (3000クラシックブックスメモリー)」である。海外の著名な古典文学が3000も収められています。書籍のミニチュア版を模したメモリーをUSBポートに差し込むだけで、あなたの書斎は一瞬にして図書館に変わります。近代長編小説の頂点と評されるジェーンオースティン(1775~1817)の作品だって、じっくり味わうことができるのです。

3000 Classic Books (3000クラシックブックスメモリー)は蔵書に囲まれた至福の時をあなたにプレゼントします。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ