音は結構優秀!3Dプリンタの音があれば同じものを復元できる!

1051
未定 詳細なし

今回は、カリフォルニア大学アーバイン校のMohammad Al Faruque教授のチームが、3Dプリンターで製造する過程で生じる稼働音だけを頼りに、同じ様な制作物を復元させちゃった!という内容について取り上げます。

なんと、特殊なマイクを使わずに普通のスマホで録音したにもかかわらず、約90%の精度を実現しちゃったそうです。

そのうち、サスペンス劇場とかの電話のシーンにおいて「犯人が録音した向こう側の音から凶器が判明しました!」みたいな形で使われたりするのでしょうか?

サイドチャネル攻撃の可視化みたいで面白い!

まず、物体の振動特性の話かなぁ~と思いきや大きな勘違いでしたね。

それと不意に思い出しちゃったのが、古いPCの記録媒体をカセットテープにダビングできたり、ピ~ゴロゴロ~のハンドシェイク音で会話できちゃう人の話とかって昔ありませんでしたっけ?

なお、現在において音の情報を用いた技術を知る限り列挙してみますと、耳の中の音の反響で生体認証する技術とか決済データを音で送受信する技術ならびに、部屋の外からポテチの袋を動画撮影して部屋の中の会話を解析する技術も既に存在しているんですよね。

そう考えると、音でセキュリティーも管理できちゃいそうですし、録音された昔の食品工場の音からレシピが残ってない料理の懐かしい味をそのまま再現できたらイイなぁ~って思いませんか?

まぁ何れにせよ、今後極秘の設計図(3Dデータ)は音声形式でのやり取りが主流になっていきそうですね。

ただそれでも謎だらけなのが、どの軸をどの程度動かしたか位は分かったとしても、動かしている方向ってどの様に音で識別しているんでしょうか?

参照元:GIZMODO

この記事をシェア
0 0
記事のタグ