ウォーレン・バフェット氏って実際どんな人?(後編)

922
未定 詳細なし

ウォーレン・バフェット氏って実際どんな人?(前編)で紹介したものの後編をお伝えします。

ウォーレン・バフェット氏はご存知ですか?

5.彼は価値志向投資を習慣としている。

バフェット氏は「もしマーケットが10年間閉まったとしても、持ち続けたいと思うようなものを買うべきだ」と語っている。

この世の中には数えきれない種類の銘柄の投資対象物があります。配当金への投資、インデックスファウンド、価値志向投資等があります。バフェット氏のアプローチは20世紀中盤にベン・グラハム氏が発達させた価値志向投資が基盤になっています。素晴らしいチャレンジには会社の本来備わっている価値を見極める元となり、お金を投資する根拠、そして勇気を与えてくれます。

6.彼は富をじっくり築き上げる。

今のIT企業家はとは違い、バフェット氏は数十年をかけてゆっくりと富を築いてきました。すぐにお金持ちになろうとすることは沢山の馬鹿げたリスクを負う災難に見舞われることでしょう。

7.彼は個人の道楽にはお金をかけない。

彼はお金を使わないことでも有名です。例えば、彼が1950年代に購入した家に未だに住み続けており、周りが変わろうと、自分のライフスタイルを貫いています。このバランスが彼に投資の資金を与えてくれているのは確かです。

8.彼は彼の限界を知っている。

とてもポテンシャルのある可能性がある投資先があったとしても、IT関係の会社への投資には苦言を示している。それはなぜか。彼は新しいことへの投資は良い結果が得られないということを論じている。ある記事で彼は自動車産業が20世紀で最も発達した産業の一つだと指摘しており、何万人もの生活を変えた。しかし、アメリカの自動車産業の大部分が衰退してきており、多くの投資家が投資をためらっています。この例から新しい革新的な会社への投資の成功は難しいと考えており、バフェット氏はなるべく避けるようにしている。

9.彼は10代の頃からお金を稼いできた。

成長していく中で、バフェット氏はお金を稼ぐ必要があった。彼が17歳の時、彼は新聞配達で5000ドルを稼いだ(現在の価値で52000ドル)。お金を稼ぐこととお金を効果的に管理することは時間をかけて発達していった。彼は若い時からお金を作ることを常に考えていたのだ。

 

以上が「ウォーレン・バフェット氏って実際どんな人?」でした。

やはり、成功する人にはその人のルールがあり、そして誰にも負けない情熱がありましたね。皆さんも自分と照らし合わせてみましょう!

参照元:Lifehack

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ