人工知能がGoogle検索を変える!?SEOはどうなる?

1021
未定 詳細なし

今回は、Googleの検索エンジンに浸透し始めた人工知能の気になる点についてフォーカスします。

ポイントはズバリ!ディープラーニングにより1秒で数百万もの検索クエリを解釈できる人工知能アルゴリズム「RankBrain」の一部が、開発エンジニアですらブラックボックス状態みたいですよ。

果たして、ルールから創造の経緯を管理する機械学習への転換によって、既存のSEO業者がディープラーニングによる検索ランキングに対抗すべく、Googleに課金してディープラーニングによるSEOに頼り、従来まで排除し難かったサイトを人工知能で為していくのでしょうか?

ディープラーニング”が流行語大賞を狙えるかっ!?

まず、そもそもどういったコードで人工知能を動かしているのか皆目見当がつきませんが、まさかGoogle社内で機械学習の抵抗勢力が存在していたとは、メッチャ意外でしたね。

個人的には、アルファ碁に関する情報と併せて考察してみると、実に興味深いと思いますよ。

ちなみに、人工知能は根拠のある最適な結果しか導き出しませんし、今後何が起きても人間の手に負えなくなる日が近づいているとなれば、やはり量子コンピューターの計算こそがこの宇宙なのだ!というSF的推論は強ち有り得る話なのかもしれませんね。

ただ、どうも話の論調が機械学習による識別器が制御できない!みたいな印象を受けちゃいますが、単に学習結果を可視化することが超難しいから予測不可能だと言いたいだけなのではないでしょうか。

よって、全面的な人工知能化を一言で例えると「朱に交われば赤くなる」となりそうですし、守破離の守なしに価値ある情報を学ぼうとすると、カオスのネット世界ではミスリードを招き易く、リスキーで漠然とした不安感だけが残っちゃいますよね。

ai-is-transforming-google-search-1

参照元:WIRED

この記事をシェア
0 0
記事のタグ