白と青の合流点へ!エア・アラビア・エジプトがカイロ=ハルツーム線を開設

1109

エジプトの格安航空会社(LCC)、エア・アラビア・エジプトは1月から首都カイロとスーダンの首都ハルツームを結ぶ直行便を週2往復(金・日)で開設しました。カイロからのフライト時間は2時間45分、使用機材はエアバスA320型機です。

エア・アラビア・エジプトは国内2路線を運航中

エア・アラビア・エジプトがカイロとエジプトの南に位置するスーダンの首都ハルツームを結ぶ直行便を開設したことで、これまで両都市間を空路で移動していた旅行者は、格安で移動できるLCCも選べるようになりました。ハルツームには白ナイル川と青ナイル川の合流地点があり、そこでは2つの川の色が織りなす美しい光景を見ることができます。

エア・アラビア・エジプトは2月時点でカイロとエジプト2都市(ルクソール、アスワン)を結ぶ路線を運航する一方、一部路線を運休しています。カイロから世界遺産の遺跡を有するルクソールへ直行便を飛ばすLCCは他にありません。エジプトの空の玄関口であるカイロへは同じ親会社を持つエア・アラビア・アブダビがアラブ首長国連邦のアブダビから直行便を飛ばしています。

エア・アラビアグループはインド路線拡充を実施

エア・アラビア・アブダビは昨秋からインド4路線を次々と開設し、アブダビからインド国内主要都市まで乗り継ぎなしで向かいたい旅行者に新しい選択肢を提示しています。首都デリー線とコチ線は週4往復、コジコード線とティルバナンタプーラム線は週3往復で運航中です。使用機材は全路線エアバスA320型機です。

<参考元>AirArabia

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ