本体が消えたカメラ

1461

なんとも斬新なカメラが登場した。その名も「エア・クリッカー(AIR clicker)」このカメラ。なんと本体にあたるボディーが存在しないのである。

それではどうやって撮影するかというと、撮影者はレンズのついたバンドを親指にはめ人差し指には圧力を感知するセンサーを搭載したバンドを装着する。あとは 普通に写真を撮るように(見えない)カメラをかまえ、(見えない)シャッターをきると装着したバンドがその動作を検知し撮影される仕組みだ。肝心の写真はBluetoothを介して予め設定されたスマートフォンに転送でされるようになっている。

また写真に加え動画を撮影することも可能で、その時はバンドを装着した手でビデオカメラを握るようになジェスチャーをすればいい。

エア・クリッカー(AIR clicker)まだ開発段階のため現時点では市販されていないが、重い機体を持ち運ぶことなく手元にあるスマートフォンと連動して使うことのできるこんなカメラが出てきたらこれまで以上に写ガールも増えるのではないだろうか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ