羽のない扇風機エアマルチプライアーが進化したぞ

1204

ダイソンは創業者であるジェームズ・ダイソンが、従来の掃除機で当たり前となっていた「紙パック掃除機」の不便さを何とかしようとサイクロン掃除機を開発した事から歴史がスタートする。サイクロン掃除機は世界的に高い評価を受け、シルバー精工がライセンス料を支払った上で製造に乗り出すのである。

ジェームズ・ダイソンは自らの掃除機を自らの会社で販売しようと、ダイソンを立ち上げたのである。それは、1993年のことであった。会社発足後、ダイソンの掃除機が世界的に高い評価を請け、大ヒット商品となっていることは皆さんご存知のとおりだ。

ダイソンは掃除機だけではない

掃除機だけではない事をご存知だろうか。「エアマルチプライアー」という小型扇風機も開発しているのだ。特徴は羽がない事。羽がないにもかかわらず、涼しさは羽付き扇風機にヒケをとらないのである。そんなダイソンはエアマルチプライアーの第2世代をリリースしている。従来のエアマルチプライアーと比較すると涼しさが増している上に、10パターンの気流設定やリモコン操作などが可能である。「大、損させません。」とダイソン話している・・・かも。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ