NZ航空、「南半球のエディンバラ」に向かう便を増便へ

1166

「南半球のエディンバラ」に向かう空の旅がますます便利になります。ニュージーランド航空は4月からニュージーランド北島のオークランドと南島のダニーデンを結ぶ直行便を増便し、1日3往復で運航します。

街から少し離れると、アホウドリやペンギンに会える。

ニュージーランド航空は2月現在、オークランド=ダニーデン線を週20往復(日曜から金曜は1日3往復、土曜日のみ1日2往復)運航しています。4月から増便を実施することで、多くの国際便が発着するオークランドとニュージーランドの都市でありながらスコットランド色が強いダニーデン間の移動がより便利になります。

ダニーデンはスコットランドからの移民が開拓した都市で、街のいたるところでスコットランド風建築や文化を見ることができます。市街地から東に延びるオタゴ半島は野生動物の宝庫として知られ、ロイヤルアルバトロス(アホウドリ)、イエロー・アイド・ペンギン、ブルーペンギンなどを見ようと多くの人が足を運んでいます。

 NZ航空、オークランド発着の日本3路線を運航中。

ニュージーランド航空は2月現在、オークランド発着の成田線を1日1往復、羽田線を週3往復、関西線を週3往復運航しています。オークランドも人気が高い観光都市ですが、旅程に余裕があれば、スコットランド文化に触れたり、希少な野生動物に会えたりできるダニーデンも訪れてみてはどうでしょう。

参照元:AirNewzealand

この記事をシェア
0 0
記事のタグ