冬を暖かいフロリダで!アラスカ航空がシアトル発着路線を増便へ

717

少し先の話になりますが、今年の冬は米フロリダ州のビーチで過ごしてみませんか。アラスカ航空は冬スケジュール期間、シアトルとフロリダ州のフォートローダーデール、タンパ、オーランドを結ぶ直行便を増便します。

フロリダ3都市へのフライトはいずれも1日2往復に。

11月5日からシアトル=フォートローダーデール直行便が1日2往復、12月19日からはタンパ直行便が1日2往復に増便されます。どちらもシアトル出発時間は午前と午後に分かれているので、旅程が組みやすくなります。フォートローダーデール空港近郊にはビーチがいくつもあり、タンパ空港の西約30kmにあるクリアウォータービーチは全米屈指の人気を誇る海水浴場です。

シアトル=オーランドを結ぶフライトは来年1月7日から1日最大3往復で運航されます。フライト時間は片道約5時間30分。オーランド地域にはウォルト・ディズニー・ワールド、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シーワールドなどの複合型テーマパークが集中し、多くの観光客で賑わっています。

スキーを楽しめるモンタナ州路線はますます充実する。

冬を暖かいフロリダ州のビーチで過ごすのも良いですが、海水浴よりもスキーを好む人はカナダと国境に接するモンタナ州がオススメです。アラスカ航空は来年1月7日からシアトルとモンタナ州のボーズマンを結ぶ直行便を増便し、1日最大4往復を運航します。

ボーズマン近郊のスキー場、ビッグ・スカイ・リゾートとブリッジャー・ボウルは日本のスキー場とはスケールがまるで違います。ボーズマンへはシアトルから約1時間40分。2都市を結ぶ直行便を通年で毎日運航しているエアラインはアラスカ航空のみです。

参照元:Alaska Air

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ