もはや海上都市!賑やかな街と見紛う巨大客船でリーズナブルにカリブの旅を

1279

フルコースの食事が楽しめる。ハンバーガーも食べられる。カフェで一息つくこともできる。バーで大人の時間を過ごせる。カジノでギャンブルができる。ナイトクラブではじけられる。プールで泳ぐことができる。スパもある。アイススケートができる。ジョギングコースもある。チャペルで祈りを捧げられる。図書室で本を読める。

以上すべてを体験できるのが、ロイヤルカリビアンが運行する巨大客船の『アリュール・オブ・ザ・シーズ(Allure of the Seas)』だ。他にも緑の公園、遊園地、円形劇場といった施設も。まるで賑やかな街で過ごしているような心持で、海の旅を楽しめる。最上級のロイヤルロフトスイートは、その名の通り、ロフト付きのスイートルーム。自分が海上にいるとは思えないつくりだ。

アリュール・オブ・ザ・シーズ』の旅は、米国フロリダ州のフォートローダーデール発着として、カリブ海を廻る。東カリブ海ツアーはセント・トーマス(米領ヴァージン諸島)やナッソー(バハマ)を経由し、西カリブ海ツアーはラバディ(ハイチ)やコスメル(メキシコ)に寄港する。ロイヤルカリビアンはカジュアル層向けの価格設定で知られており、7泊8日の旅は、内側客室であれば800ドル(約7万円)ほどで乗船可能だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ