100年の歴史を感じながら乾杯!南極大陸ウィスキーキャビネット

1638
$56,500 詳細なし

Dunhill(ダンヒル)が製造した南極大陸をあしらったウイスキーキャビネットが登場。全て手づくりの一品、その名も「南極大陸ウィスキーキャビネット」。見て分かる通り南極大陸がドーン!と描かれ、視覚に飛び込んでくる。

南極とウイスキーというと無関係のように思えるが、実は深い歴史がある。100年以上前、イギリスの探検家アーネスト・シャクルトンが1907年から1908年にかけて南極大陸を探検した。シャクルトン探検隊は、南極点を終着として探検したものの失敗に終わったと言う。
その後、2006年にニュージーランドの探検隊が、シャクルトンが南極で建てた小屋の床下からスコッチウイスキー「マッキンレー」が入った木箱を11本発見し、ニュージランドに運んだ。

その歴史を感じさせるこの「南極大陸ウィスキーキャビネット」。この木材も当時の物を使用している。シャクルトン探検隊は極寒の南極大陸でウイスキーを飲むことで体を温めたという。100年前のアーネスト・シャクルトンの想いをこのキャビネットで味わって見てはいかがだろうか?そこから、何か違ったものを得られるかも。「その一杯にはあなたの人生を変える力がある」。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ