iPhone 5sも良いけど、“美し過ぎる”トイレも要チェック!

1324

iPhone 5sとiPhone 5cの発売は多くのメディアが取り上げています。一方、Apple社のロゴマークをほうふつとさせる、ユニークで“美し過ぎる”トイレはそれほど話題にならず。用を足すのをためらってしまう「Apple iPoo Toilet (アップルiPooトイレット)」はいったいどんなトイレなのでしょうか。

どこかで感じたことのある高級感を醸し出すApple iPoo Toiletは、Macのノートブックに用いられているのと同じアルミニウム製。便蓋はMacBook Airよりも薄いそうです。どうしても気になる便座とタンクのデザインについて、製作サイドは「ロゴを真似てはいない」ときっぱり主張しています。確かにおしりにフィットする設計を考えれば、リンゴに辿り着きそうな気もしますが…。

Apple iPoo Toiletのデザイナーはミロシュ・パリポビッチさん。長年3D設計に携わり、精密な3Dプリントや未来的なカーデザインを生み出してきました。ちなみにPooは「うんち」という意味。また、発音が似ているくまのプーさんの綴りはPoohなのでご注意を。

これまでGIGAMENはAppleをリスペクトしたガジェットをいくつか紹介してきました。
メモパッド「Apple iPhone Style Memo Note Sticker with 2pcs Writing Pens
シャワーカーテン「iPhone Shower Curtain iBath Black With iPhone Apps
もよろしければチェックしてみてください。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ