次世代iPhoneに搭載される?2つの技術を特許申請

1321

Appleが画期的な技術を開発し、アメリカで特許を取得したようです。その技術をご紹介しましょう。まず一つ目は、認証方法です。iPhone5sには、指紋認証機能が搭載されていますが、それをも超える認証技術をAppleは開発しました。その認証方法とは心臓」です。オーナーの心拍数を分析し、ロックを解除すると言う認証技術なのです。

指紋認証の抜け道として、「指を切り取ってしまえば良い」という考えがありました。実際そのような事件も起きているそうです。心拍認証は、人間の心臓で認証するわけですから、他人がロックを解除する事はほぼ不可能です。iPhoneに限らず、銀行ATMなどにも応用できそうな技術です。

もう一つの技術は画面をタッチせず、かざすだけで動作させることのできる「ホバー機能」です。スマートフォンやタブレット端末など全てのタッチパネルデバイスは人間の手の汚れがパネルに付き、汚れてしまう事が多々、ありました。ホバー機能があれば、タッチしなくても済むわけですから、画面は常に美しいまま。汚れが気になる人には、待望の機能でしょう。この二つの技術が世界を変えるかもしれません。iPhone6あたりに搭載されるかも?

この記事をシェア
0 0
記事のタグ