iPhoneをモニターに銃撃戦

1872

ファミリーコンピューターがテレビゲーム市場を開拓して20年以上経過した。発売当初から人気となっていたゲームが拳銃を使ったシューティングゲームだ。ファミリーコンピューターではワイルドガンマンと言う任天堂のソフトでファミコンにモデルガンを接続して発射して遊ぶゲームが人気を呼んだ。

時は流れ、iPhoneを使ったリアルな拳銃シューティングゲームが大流行の兆しを見せている。この「APPTAG LASER BLASTER」もその一つで、APPTAG LASER BLASTERにiphoneをセットし、専用アプリをダウンロードするといきなり拳銃を持った男たちがあなたに襲いかかるのだ。

をバッタバッタと APPTAG LASER BLASTERで打ちまくり、ゲームを進めて行く。気分はランボーかターミネーターか大門刑事か。ゲームには様々なオプションが用意され、APPTAG LASER BLASTERもライフルになるキッドなどが別売りで販売されている。その他細かい部分は、動画を見てほしい。

この屈強な男をはじめとする開発陣が、キックスターターで出資者を募り、現在目標額をクリアしている状況。まず出資者に流通した後、本販売となる見通し。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ