簡単に発見できる?あなたにもサイコパスが潜んでいるかも

870
未定 詳細なし

サイコパスってなんとも危なげな響き。だけど、誰にも潜んでいる可能性はあるかもしれない。そして、それがなんとも簡単に分かるらしい。その手段は? あくび連発の動画を見るだけ。さあ、どこまで耐えられるか。大抵は一緒に眠い気分になって「ふあ~」とやってしまうと思うけど、最後までつられることなく見ていられたそんなあなた。もしかしたら、サイコパスの気があるかも。これは、心理学系の雑誌Personality and Individual Differences誌に載った記事なのだ。

あくびというのは、何故か他人に移り易いのだけど、それは、共感するという能力に繋がっているそうだ。行動学研究者のBrian Rundle教授によれば、もし、目の前にいる友人が大あくびをしてるのを無表情で見つめていられるとしたら、「あなたは、なんらかのサイコパス的要因を持っているのかもしれない。」

ところで、具体的にサイコパスって?

サイコパスな人は、一見では見抜くのが難しいようだ。人当たりがよく、社交的で口が上手い。だが、実はよく嘘をつき、行動と言葉が一致せず、衝動的な行動をとる。精神科医のDavid M. Reissi医師によると、その最たる特徴は、「サディスト」であり、「他人を操ることに満足を覚える人間」だそうだ。確かに、良い人と思われた人が、突然人格が変わったり、恐怖で人を操り、おびえる姿に満足するようなホラー映画や小説も多い。
サイコパスを内に秘めていれば、ドラマに出てくる主人公のように、ある日ふと、良心の呵責なくして人を殺めてしまう事だってあるかもしれない?いやいや、大抵はそんな大それたことはせず、実はそれをプラスに働らかせている人もいる。その冷酷さと自己陶酔とを上手くビジネスシーンに生かしている人もいるのだ。そしてそういう人が出世コースに乗りやすい。

2011年のBehavioral Sciences and the Lawによれば、一般の従業員に比べて上司クラスの人間には、4倍ものサイコパスがいるとの事。この種のやり手達は、必要とあらば平気で無慈悲になれるそうだ。共感を伴う感情が乏しいという事は、人のクビを切ったりというシビアな決断も簡単にできるということに繋がるらしい。必ずしも、人間ができている人が出生するとは限らないのである。

サイコパスな人間は人口の1%と言われている。なので、あなたや一見冷酷に見える上司がそうである。という確立は大変低いのだが、それでも可能性は全くないとは限らない。
あくび映像を見てつられなくても、それはストレスが溜まっているとか、疲れているとかだけかもしれない。それだけで、サイコパスと判断するのは飛躍しずぎていそうだ。でも、もしかしたら共感する感情がすり減っているのかもしれない。そんな時は、身の回りの人にいつもよりやさしい感情を持って接してみたらどうだろう。普段気にもしないような小さい植物や生き物に心を留めて、感情にふくらみを持たせるようにしてみるとよいかもしれない。

参考:Men’s Health

この記事をシェア
0 0
記事のタグ