土は不要!30日で野菜が育つスマート栽培装置の先行販売が好調

2085
499ドル(約5万5000円)詳細ページ

キッチンカウンターの上で野菜・ハーブを30日で育て上げることができます。土を必要としないスマート水耕栽培装置『アスパラ(aspara)』の先行販売プロジェクトが12月、米クラウドファンディングサイト「キックスターター(Kickstarter)」で公開されました。

自動水やりシステムとLED照明を内蔵。

野菜を育てる上で苦労するのが水やりですが、『アスパラ』は野菜の栽培に適した量の水やりを自動でしてくれます。内蔵の自動水やりシステムが栽培装置の側面から底面にかけて組み込まれているので、あらかじめタンクに水と液体肥料を入れておきましょう。水量センサーと栄養センサーを搭載しているので、水が足りなかったり肥料が多過ぎたりすると、スマホに通知されます。

家を不在にする時間が長くても、植物がよく育つために必要な光が野菜にちゃんと当たっているかを心配する必要はありません。栽培装置上面には植物の成長を刺激するLED照明が組み込まれており、植物の種類や成長段階によってLED光の強さなどが調整されます。光の照射時間などもアプリで確認可能です。

日本への発送、アプリの日本語対応に期待。

『アスパラ』ではさまざまな野菜・ハーブを育てることができます。トレーには16個の穴が開いており、その穴に専用の種入りカプセルを入れます(市販の種でも可)。水耕栽培なので土は必要ありません。カプセルの種類はレタス、ミニトマト、パセリ、コリアンダーなど。どの種をトレーに入れてもサラダの材料に成長するまで約4週間しかかかりません。

香港発の『アスパラ』先行販売プロジェクトは12月24日時点で目標額の30万香港ドル(約570万円)を調達しています。今回のプロジェクトの配送先に日本は含まれていませんが、近い将来に日本にも発送され、アプリが日本語に対応することを期待したいところです。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ