世界再薄ウルトラブック!

1037

ウルトラブックとはウルトラマンの本ではなく、エイサー(Acer) が提唱する薄型軽量ノートパソコンの事である。インテルは「現在のノートパソコンとタブレット機器の性能や機能を兼ね備え、薄型デザインでありながら極めて高い応答性とセキュリティー機能を持つパソコン」としている。

先月アメリカの国際家電ショーCES2012で発表された「Aspire S5は世界最薄のウルトラブックだ。なんと暑さは最厚部で15mm。ボディはアルミ/マグネシウム合金を使用して重さはなんと約1.3キロ。恐ろしく軽いのである。

インターフェースはUSBポート2つとHDMI、そして高速ポートThunderboltを持っている。インターフェースはボタンを押すと現れ、もう一度ボタンを押すと隠れるMagicFlipと言う仕組みを採用している。またAspire S5を開発したエイサーは動画などのファイルをネット上の「クラウド」に保存しWindows8などの端末からアクセスできるサービス提供の計画も発表した。

台湾エイサー開発の 世界最薄ウルトラブック Aspire S5 。 エイサーは台湾の家電メーカーでアメリカのゲートウェイ社を買収、2009年にはパソコン販売台数シェア世界2位にもなった企業だ。日本では大手パソコンメーカーのマザーボードなどをOEM提供している会社としても有名だ。現在のところ発売時期は未定。早く手にとってこりゃエエさーと叫びたい!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ