美しく最強のボンドカー「アストンマーチンDBS」

7309

007シリーズで欠かせない物と言えばジェームス・ボンドが乗る「ボンドカー」。ボンドカーが初めて登場したのは1964年公開の第3作「ゴールドフィンガー」でMI6の開発就任「Q」が開発した、アストンマーチンDB5。その後007シリーズとともに各年代を代表する車が登場。今度はどんな車が出るのだろう?と007ファンを楽しませてきた。劇中に出てくる車がその時代、世相を反映していると言っても過言ではない。

そんなボンドカーの最新車が「カジノ・ロワイヤル」と「慰めの報酬」でボンドが使用した「アストンマーチンDBS(aston martin)」である。初代ボンドカー、アストマーチンDB5の匂いを残しつつ、21世紀の技術をふんだんに取り入れた車。ボンドカーとして使用するために開発された車だ。とにかく見た目が美しい。カジノロワイヤルからボンド役になったダニエル・クレイグの力強さと、現在まで続いてきたジェームス・ボンドのエレガントでカッコ良いいイメージを組み合わせた最強のボンドカーである。

エンジンは6リッターのV12DOHCを搭載。シャーシは軽量マグネシウム合金とアルミニウムを使用している。グイっとアクセルを踏み込めば疾風の如く車が加速してくれる。黒のスーツ、黒の蝶ネクタイを着用してアストンマーチンDBS(aston martin)に乗り込もう。アクセルべた踏みでBGMは007。隣にはボンドガールを乗せれば最高だ!調子に乗って飛ばし過ぎて警察に捕まらないように注意!「Bond, James Bond」と言ったら見逃してくれるかもしれない!

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ