宇宙で食べられている宇宙食アイス

1547

宇宙飛行士たちは宇宙滞在中宇宙食を口にする。宇宙食は軽量で臭気がなく長期保存が可能で、かつ栄養豊富なものでないと採用されることはない。そのためどうしても食べ物が続いてしまうと言う。

同じような食べ物が続き、宇宙でアイスが食べたい!とただをこねた宇宙飛行士がいたのかどうかはわからないが、宇宙飛行士の為に開発されたアイスがこの「宇宙食アイス(Astronaut Ice Cream) 」だ。アポロ計画以降NASA公認の宇宙食として採用されている。

外側はココアクッキー、中身はバニラアイスのサンドイッチでフリーズドライされている。味は普通のアイスとはまた違った、宇宙食アイス独特の食感がある。この宇宙食アイスはスペーステクノロジー栄誉殿堂の称号が与えられている。宇宙開発を行う宇宙飛行士の力の源としての功績が味と共に認められているのだ。

宇宙食は保存が利くことから非常食としても大変有効なのは周知の通り。地震など何かと不安な事が多い地球上でも重宝する食べ物なのである。

出来れば次は外側がストロベリーで中身がチョコの「アポロ宇宙アイス」を開発して欲しいものだが、NASAは理解してくれるだろうか?

この記事をシェア
0 0
記事のタグ