眺める度に瞬間移動したくなる!壁掛けタイプのどこでも窓!

2155

今回は、あの任天堂でUI開発担当者だった2人によって創設された「アトモフ」という企業が提供する壁掛けタイプの癒し系デバイス「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」について取り上げます。

gigamen_Atmoph_Window01

この窓、実際に生で見るとどんな感じなのでしょうか?

ここからは妄想炸裂バージョンでお届けしますが4Kディスプレイともなれば、あたかも奥行きがグ~ンと広がっている様に見えちゃうんですよ、きっと。

早い話が、窓型の壁掛け薄型4Kディスプレイでヒーリング系のDVDを流しっぱにしておくイメージかもしれませんね。

もし自分だったら、毎日「上高地」や「白馬村」の映像が流れます!って言うのなら、少しは購入を検討してもイイかなぁ~と思っております。

ここで一瞬だけ話がタイムスリップしますけど、そう言えば過去と未来を行き来する某3部作の映画において、2015年の未来へブっ飛ぶシーンがありましたよね。その時、主人公の家に壊れかけのradioならぬデジタル窓みたいなのがありませんでしたっけ?

話を一気に戻しますが、このAtmoph Window、今後はライブストリームにも対応する予定だそうです。こうなってくると近い将来、壁全面をディスプレイ化する「デジタル壁紙」とかできちゃうのでしょうか!?

gigamen_Atmoph_Window02

参照元:TechCrunch JapanAtmoph Window(Kickstarter)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ