雹(ヒョウ)から自動車を守る驚きのシステム!

1969

雹(ヒョウ)は雨を包むと書きます。直径5mm以上の氷が凍結して空から降って来るわけですから、地上の我々は大変です。雹のせいで車のフロントガラスが割れてしまうケースも報告されています。高い車のフロントガラスが割れてしまっては「うひょー」と叫ぶだけでは済まされません。

そこで開発されたのが「Hail Protector Automobile Hail Protection System(雹プロテクター自動車雹保護システム)」です。「雹が降るなら巨大な袋で車を覆っちまえ!」と言うダイナミックな発想から生まれた自動車保護システムで、雹はおろか野球の硬式ボールを落としても跳ね返します。これなら雹が降ろうが槍が降ろうが豚が降ろうがワッショイワッショイ・・・豚はちょっとキツイですが天から降る障害物はすべて跳ね返す事が出来ます。

Hail Protector Automobile Hail Protection Systemがあれば雹が降っても安心です!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ