「アヴェンタドールLP750-4 SV スーパーヴェローチェ」美し過ぎるモンスター登場

4213
未定 詳細なし

ジュネーブモーターショーの前夜、ランボルギーニが発表した「アヴェンタドール」。すでに圧倒的な高性能を持つ「アヴェンタドール」を、さらに速くという欲望を抑えきれない一部の人の為にさらなるバージョンアップを加えたアヴェンタドールLP750-4 SV スーパーヴェローチェ」だ。

gigamen_Aventador_LP750-4_SV01

ランボルギーニ史上最速かつ最もエモーショナルなモデル

ベースとなった「アヴェンタドール」同様6.5リッターV型12気筒ながら、最高出力を700ps/8,250rpmから750ps/8,400rpmに引き上げている。速さの実現のためにカーペットや防音材、インフォテインメント・システムなどが取り除かれ、カーボンファイバーも多用し乾燥重量は50kg軽量化されている。

また「マグネト・レオロジカル・サスペンション(MRS)」や、可変ステアリングラックシステム「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)」を採用し、カーボンセラミック・ブレーキ・システムも標準装備。エアロダイナミクスの最適化により、ダウンフォースは170%向上している。

gigamen_Aventador_LP750-4_SV02

たった0.1秒のための努力を4,400万円で

0-100km/h加速は「アヴェンタドール」より0.1秒速い2.8秒、最高速度は350km/hと発表されている。欧州での車両価格は約4,400万円で、今年春にも発売予定だ。

参照元:Car Magazine

この記事をシェア
0 0
記事のタグ