コーヒーマニアならやっぱり手挽き!超高速なのに手挽きの「Bean Me Up」

2627

コーヒーミルには手挽きタイプと電動タイプがあります。朝時間に余裕がない人はコーヒー豆を手早く挽ける電動タイプを好まれることでしょう。

でも、本当のコーヒー好きならとことん手挽きにこだわりたい!でも従来の手挽きのコーヒーミルは、豆を挽いている最中にミルが浮いたりしないようにとやたら重々しいつくりだったり、金属製が多いので挽いた豆に金属の移り香があって嫌だという人も多いようです。

Bean Me Upはコンパクトな手挽きミルなのに高速、セラミック製なので移り香なし!

洋ナシのフォルムでお尻の部分がコロンとした「Bean Me Up」。マットなブラックとレッドのカラー展開。デザイン・カラー的にかなり素敵で、サイズ的にはコンパクトながらも1度にコーヒーカップおよそ3杯分の豆が挽ける優等生。

豆を洋ナシのTOP部分から入れて、つかみやすい形状の洋ナシのお尻部分を持ち、後はハンドルを回してゴリゴリ豆を挽くだけ。

手挽きのコーヒーミルだと、大きすぎて持ちにくく挽きづらいこともあり、多くの人が電動ミルを選んでいるようですが、Bean Me Upならそんな問題は一切なし!そして一番嬉しいのが、Bean Me Upの高速グラインド。従来の手挽きミルの3~5倍の速さで豆が挽けちゃうそうです。

gigamen_Bean_Me_Up02

その日の気分によって豆の粗さを微設定

今日はどっしり重くて濃いエスプレッソがいいなと思ったら微細スムースな超細挽き、今日はあっさりアメリカンブレンドでいきたいなと思ったらざっくり豆の感触がしっかり感じられる超粗挽き、と豆の粗さを好みで調整できます。そして驚くことに設定段階はなんと36種類も用意されています。

Bean Me Upはセラミック製なので、味と香りをとことん追求するコーヒーマニアの人は金属味や金属香を気にせず、混じり気のない美味しい豆そのものの風味を楽しめます。

現在Kickstarter上で資金調達中のBean Me Up、通常の販売価格が59ユーロのところ現在なら先行予約で1台45ユーロです。70ユーロなら、Bean Me Up1台と同じくオシャレなスパイスグラインダーを2台ゲットできます。

gigamen_Bean_Me_Up01

手挽きのコーヒーミル、豆を挽くのにかかる時間とそのゴツさに購入を躊躇していたのですが、これなら逆に常時ダイニングテーブルやキッチンカウンターに置いておきたい自慢できるデザインですよね。

高速なのはもちろん、お手入れも簡単、しかもお手頃価格なのでコーヒー好きの私は今すぐKickstarterへGo!です。

ゴリゴリとしたあのうっとりするようなグラインディングの感触、豆が挽かれるときに鼻腔をくすぐるあの芳しい香り、混じりっ気のない最高に美味しいコーヒー。

それらを堪能できるのは、Bean Me Upの配送が12月予定となっているので、ちょうど年末か年初、コーヒーを美味しくいただける寒い時期になりそうで今から楽しみですね。

参照元:psfk, Bean Me Up (Kickstarter)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ