時計ではありません。純粋なアクセサリーです。

1848

「時は金なり」「光陰矢の如し」「歳月人を待たず」などなど、時間に関することわざはたくさんあります。これらのことわざはいずれも、時間はとても貴重なものだから大切にしなさいと教えてくれます。私たちは日々時間の経過を中心に据えて生活しているのではないでしょうか。時間に追い立てられていると言った方が適切かもしれません。

Becomb Infinity Piece (ビカムインフィニティピース)」は、そんな私たちに強烈なアンチテーゼをぶつけてきました。長針も、短針も、秒針もない時計です。いやBecomb Infinity Pieceを時計と呼んではいけません。これはアクセサリーです。手首に巻く純粋なアクセサリーそのものであり、時間の事など忘れなさいと訴えているようです。

私たちは、無心に何かに取り組んでいるときには、時間のことなど忘れているものです。つまり、私たちは本来時間に追われて生きているわけではないのです。Becomb Infinity Pieceはそんなことを私たちに気付かせてくれます。

全ての人に平等に与えられている時間をどのように使うかは、まさにあなた次第ということなのかもしれません。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ