世界限定300台の「ベントレー・コンチネンタルGT-3R」はレース直系だった。

3109

英国の高級車メーカー「ベントレー」は「コンチネンタルGT-3」を世界現限定300台で発売すると6月17日に発表した。「コンチネンタルGT-3」のベース「コンンチネンタルGTV8S」。レース仕様のFIAGT3レース参戦用マシン「コンチネンタルGT3」のノウハウを詰め込んだわけだ。

どんな限定車なのか

その内容はというと、直噴4.0LのV型8気筒ツインターボエンジンに専用チューニングを行い、ベース車「コンンチネンタルGTV8S」に対して52PSアップの最大出力580PS、専用レシオ化したZF社製の8速ATを採用。また、リアシートを省いて100㎏の軽量化も達成している。もちろんサスペンションやブレーキも強化されている。その結果、2750Kgの巨体でありながら、0-100㎞/h加速3.8秒、最高速度273㎞/hというベントレー史上最速のパフォーマンスとなっている。

また、300台の「コンチネンタルGT-3R」の全てをハンドメイドで生産され、モータースポーツ部門で仕上げるという。

benrley-continental

 

ところでレース仕様の「コンチネンタルGT-3」はどんなクルマ?

ベース車から1000Kgも軽量化したボディに、チューニングされた600PSのエンジンを搭載、ミッションもトランスアクスル・レイアウトにするなどライバルに十分対抗しうる内容。ドアハンドル、ステアリング、シート表皮は高級車メーカーのベントレーならではのハンドメイドパーツが採用されているらしい。

benrley-continental4

参照元:Bentley

この記事をシェア
0 0
記事のタグ