もうヤラれない!盗まれた自転車が発見しやすくなる端末

7218
~$150,000詳細ページ

場所は駅前の駐輪所や公共施設の自転車置き場。鍵を握ってマイチャリを探す…が、ない。何度かやられた経験がある場合、あせる気持ちはこの段階で怒りへと変わる。とてもじゃないが、ここで書けないような言葉を胸に秘め、姿の見えぬ犯人にむけて言いたいのが、威勢がいいだけのこの言葉「見つけたらただじゃおかないからな」。

その「見つけたら」をアシストするのが「BikeSpike (GPSバイクトラッカー)」だ。例えばマウテンバイクなどの場合、ドリンクホルダー部分をカスタムして、このBikeSpike (GPSバイクトラッカー)を埋め込む。もちろん鍵はきちんとかけておく。でも盗まれてしまった場合、スマホや携帯、PCから追跡できるというわけだ。逆に、最初に登録しておいた場所から移動されたことを察知すると、アラートするという設定も可能。なんだかBikeSpike (GPSバイクトラッカー)開発チームの気持ちが痛いほど伝わってくるのが、微妙に切ない。この人達とはうまい酒が飲めそうだ。

それとは別件だが、駐輪禁止区域に自転車を止めて撤収されてしまった場合、「120%自分に非がある」のに、盗まれた時と同じような怒りがわいてくるのが情けない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ