情報戦に多額の出費は厭わない~イギリス軍が16グラムの小型偵察機を配備

3955
¥17,000,000詳細ページ

「世界よ、これが手のひらサイズの偵察機だ」と言うべきか。アフガニスタン駐留中のイギリス軍が実際に使用している小型偵察機『Black Hornet Nano (ブラックホーネットナノ)』である。無人偵察機は、近年の軍隊・軍事作戦において、欠かせないものになりつつある。敵からの攻撃を受けるリスクを軽減しつつ、敵の状況を把握・監視することができるからだ。そして、偵察機はすっかり小型化しており、視認できない危険を察知できる小型偵察機はアフガニスタン派遣の英国兵に支給されている。

Black Hornet Nano (ブラックホーネットナノ)の全長は10cm、幅は2.5cm、重量は16gと信じられないサイズである。30分飛行可能で、最高時速は35km。リモコン操作で800m遠くまで飛ばすことが可能で、強風などの厳しいコンディションにも耐えられるとのこと。

2000万ポンド(28億5000万円)。イギリス軍がマールバラ・コミュニケーションズ・リミテッド社にBlack Hornet Nano (ブラックホーネットナノ)を発注した額だ。1台あたり1700万円の計算。2012年に160機がアフガンで使用された。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ