BMW 「3.0CSLオマージュ」を発表

2385
gigamen_BMW_3.0_CSL_Hommage
未定 詳細なし

イタリアのコモ湖畔で毎年開催されるクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」で、「BMW 3.0CSLオマージュ」が発表されました。カーマガジンのWebサイト「Car」が伝えています。

gigamen_BMW_3.0_CSL_Hommage01

伝説のレーシングカー「BMW 3.0CSL」を現代風に解釈

初公開となる3.0CSLオマージュは、1971年から1975年まで生産された名車「BMW 3.0CSL」を現代風にリファインしたモデルです。BMW 3.0CSLとは、ヨーロッパ・ツーリング・カー・チャンピオンシップ(ETC)のために作られたレーシングカー。

「CSL」とは「Coupe、Sport、Lightweight(クーペ、スポーツ、軽量)」を意味する。「ヴィラデステ」のショーのためのオマージュラインは、2008年には「M1オマージュ」、2011年に「328オマージュ」を発表しています。

gigamen_BMW_3.0_CSL_Hommage02

似て非なる「3.0CSLオマージュ」

1971年当時の「3.0CSL」がアルミ素材を使い、ベースとなった3.0CSから大幅に軽量化したのに対し、今回の3.0CSLオマージュはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が用いられています。

フロントの大型スポイラー、ボンネットの整流板という当時のCSLの特徴を残しつつ、整流板からスポイラーへと流れる美しい意匠となっています。リアスポイラーのデザインは3.0CSLに似たシンプルな形状に見えます。

中味は当然3.0CSLとは別物。直列6気筒エンジンにハイブリッドシステム「eBoost」を組みあわせたパワートレインを搭載しています。名車を現代風にアレンジしたというよりは、これからのBMWの方向性を示すモデルと言った方が正解みたいです。

参照元:Car

この記事をシェア
0 0
記事のタグ