できる男のための黒のルイ・ヴィトン

1308
$3,960~詳細ページ

リビングにおける夫婦の会話

妻「ヴィトンよ、ヴィトン。素晴らしいわ。どうしてルイ・ヴィトンはこんなに輝いているのかしら。単なるブランドだけじゃないわ。人を惹きつける魅力があるのよ。そう思うでしょ。あなた?」

夫「ヴィトンの話は何度も聞かされているよ」

妻「いつものヴィトンとは違うのよ。BMWi8とマッチングさせているのよ。BMWi8の精悍なマスクと黒のボディに見事にマッチしているわ。普通のルイ・ヴィトンはブラウン地にLとVのロゴがかたどられているけど、このヴィトンは黒地なのよ。カーボンと表現した方がいいわね。実にシンプルで、かつ、精悍だわ。これはやっぱりBMWi8に乗る男性向けね。女性でもビジネスに打ち込む女性であれば、仕事のできる女を演出できると思うけど、BMWi8から降りてきた男性がカーボン地のルイ・ヴィトンを持っていたら、どんな男性でもできる男に見えるわね」

夫「随分入れ込んでいるね。サイトを見せてごらん」

妻「これよ」

夫「これは魅力的なルイ・ヴィトンだね。カーボン地のヴィトンは初めて見たよ。君が言うようにBMWi8と見事にマッチしているね。旅行カバンと、スーツケースかな。どれをとってもできる男のためのラインナップだね。ルイ・ヴィトンの創世記は1850年代だけど、これほど精悍な出来映えのものは初めて見たよ」

妻「ヴィトンが欲しくなる私の気持ちが分かったでしょ?」

この記事をシェア
0 0
記事のタグ