Bose、ノイズキャンセリング技術の特許侵害でBeatsを提訴

1878
未定 詳細なし

特許とは、技術を発明した人間に独占権を与える権利である。場合によっては、発明者以外が特許を申請し、持つ場合もあるが。自分の開発した技術を勝手に使用され、儲けさせることを防ぐための法律と言えよう。

最近は国ぐるみで特許を平気で侵害し、模倣品を作っている地域もある。Appleとサムスンの裁判も、特許が発端だ。

アクテイブノイズリダクションを巡り、Boseが提訴

そんな特許を巡る戦いが、アメリカデラウェアで発生した。ヘッドフォンメーカー大手のBoseがBeatsに対し、特許権を侵害していると訴えでたのだ。

侵害を主張している商品は、「Studio」と「Studio Wireless」で、対象技術は「アクティブノイズリダクション」だ。これは平たく言えば、ノイズを軽減するための技術である。

Beats社はAppleに買収されることが既に決定しており、この訴訟案件もAppleの問題となる。何かと訴訟に巻き込まれ、大変な思いをしている同社だけに、厄介なことになったと感じているのではないだろうか。

今回の訴訟は、何かと骨を折りそうな予感がする。骨訴訟症と言うやつだ。

参照元:9to5mac

この記事をシェア
0 0
記事のタグ