ボクサーを鍛え上げる! パンチをかわせるシミュレーターが登場

2423
2万4900ドル(約273万円)詳細ページ

ボクサーの個人練習が極めて質の高いものになる。米国のSkyTechSportがパンチの速度と飛んでくる方向を感知できるパンチングバッグなどから構成されるトレーニングシミュレーター『BotBoxer』を開発し、公式サイトで購入予約を受け付けています。

パンチングバッグとモニターがボクサーを丸裸に。

『BotBoxer』はパンチングバッグの土台となるメインベース、4本のポストとロープからなる囲い、タッチスクリーンモニターからなります。複数のセンサーを内蔵したパンチングバッグはボクサーが放つパンチの速度・飛んでくる方向・強度・種類を正確に把握。そして拳の動きに反応し、パンチをかわすことが可能。個人練習でありながら、実戦に極めて近い形のトレーニングを積めるのです。

パンチングバッグと19インチのタッチスクリーンモニターがあれば、ボクサーはあらゆる練習が可能です。例えば、ジャブ(左ストレート)からの右フックといった攻撃のコンビネーションを繰り返し練習する間、パンチングバッグは一連の動きをモニタリングし、モニターは練習の成果を詳細な統計と共に表示。自分のボクシングに足りないものが一目瞭然になります。

メダリストも太鼓判を押す“スパーリングパートナー”。

『BotBoxer』で反復練習をこなしたら、パンチングバッグをボクサーのレベルに合ったスパーリングパートナーにして、より本格的な練習も可能。北京オリンピックで英国に銅メダルをもたらしたトニー・ジェフリースも太鼓判を押すトレーニングシミュレーターは 9月発送予定です。日本から予約する場合はメールで問い合わせる必要があります。

参照元:BOTBOXER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ