競泳金メダル養成ギブス登場!!??

1264

2012年はオリンピックイヤーだ。オリンピックの中で金メダルを狙える競技と言えば競泳だ。競泳初の金メダルは1928年メルボルン大会の鶴田義行選手で、それ以降も北島康介選手など数多くの金メダリストが生まれている。

メダルを獲得する為には血のにじむような練習が必要だ。 人と同じ練習では世界の強豪に勝利することは出来ない。子どもをメダリストにしたいお父さんや、現在伸び悩んでいる競泳選手に勧めたいのが 競泳金メダル養成ギブス 「ボウスイム(Bowswim)」だ。

一見釣り竿のようだが、用途も正しく釣り竿だ。プールサイドにボウスイム(Bowswim)を設置し、自分の水着にリールをの先をくくりつける。あとはその抵抗を感じながら泳ぐだけだ。竿が折れてしまうのではないかとかなり心配だが、カーボンファイバー製の強力なポールなので全く心配はない。

巨人の星では鬼コーチ・星一徹が息子・星飛雄馬に腕に抵抗かける大リーグ養成ギブスをつけ生活させることにより、念願の巨人の星を掴む事が出来た。 子どもさんをメダリストにしたいあなたは泳ぎに抵抗をかけるボウスイム(Bowswim)で特訓させれば金メダルを掴む事が出来るのだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ