脳の働きをより良くする7つの気軽な習慣

937
未定 詳細なし

もっと頭が活性化して働いてくれたら…とは誰しも思うのではないでしょうか。そのために、主に能の科学者達が提案した7つの習慣をご紹介します。

簡単に取り入れられる習慣7つ

1、とにかく何かを読む

古いコミック、新聞、何でも良いのです。研究者によると、新しい情報を取り込むと神経回路が発達するのだそうです。

2、楽器の練習をする

脳神経学者の調査では、子ども達の楽器の練習のメリットは脳の機能を向上させることだそうです。記憶し問題を解決する、順番に処理をしていく、物の形状や位置を認識する機能が向上するそうです。

3、エクササイズ

エクササイズはタンパク質を血液中に生産し、細胞がそれを吸収します。それによって記憶力や集中力が高まるという実験結果が出ています。

4、新しい言語を学ぶ

学ぶことは勿論ですが、新たな言語は人生のステージも広がりますよね。

5、繰り返し学ぶ

何度も学ぶことによって、既に持っている知識に、新しい情報がさらに積み重なります。

6、パズルやゲームで遊ぶ

クロスワードやチェスなど。日本なら囲碁や将棋でしょうか?戦略的なゲームは脳の中に、新しい情報のコネクションを作ります。

7、瞑想やヨガ

日本人でもなかなか詳しく知らない難しい瞑想です。集中量と記憶力に役立ちます。調査の結果、子ども達はテストの結果が良くなり、大人は記憶力が向上したそうです。

好きな事から日常生活に!

子どもの頃から取り組んでいた経験があればラッキーですが、大人になった今でも遅くはありません。そこまで難しい事は多くないので、日常生活に幾つか取り入れてみては如何でしょうか?

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ